Translate this site: Japanese | Korean | Portuguese | Spanish | Chinese
International Women's Organization View the Soroptimist website in English
International women's issues  
women's volunteer organization
volunteer organization for women
     
 

トップページへ戻る

 
  teen dating advice  
 

ソロプチミストの活動

 
  teenage dating violence  
  参加するには  
  teenage dating violence  
     
     
         
   
   
   
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
 
 
 

 

magazine

連盟会報『ベスト・フォー・ウイメン』2013年8月

特集記事
二つの世界、一つの夢:女児が成功できるように手を貸す
これは二人の女児のお話です。本当の話ではありませんが(多くの女児の話を組み合わせています)、悲しいことに彼女たちが直面している困難はすべて本当のことです。一人目が直面しているのは、貧しく家父長的な文化・制度が続く国 に女児として生まれたことによる根本的不利益という困難です。もう一人の困難は、しばしば豊かで発展した国で見られる別の種類の苦悩です。
 「涙を流す」という意味の名前を持った「アリリィ」は14 歳です。アリリィは母親が15 歳のときに生まれました。アリリィは毎日、水を汲むために何マイルも歩かなければなりません。一日は、母親を手伝って家事をすることで終ります。勉強がしたいと強く願っていますが、学校に行くのはアリリィの兄弟たちだけです。(続きを読む


G.I.ジェーン:女性が戦争に行くとき
イラクの夜空は、サマー・ゲレロ軍曹にとって魔法のようでした。カンザス州ウィチタに夫と一緒にいる9 才と7 才の子供たちは、いつでも月や星が大好きでした。ですので、ゲレロさんは、星図を送り、彼女が見つけた星の集まりや、砂漠の砂の上で天を包み込んで明るく輝く天の川について書き送るのでした。「こうすることで、私たちは一緒にそれを見ることができ、家族は私たちが2 つの離れた場所にいても同じ空の下であることを知ることができるでしょう」とゲレロ軍曹は言います。「私は子供たちの星座を見つけ、あの子たちは私の星座を見つけました」しかし、イラクのアル· アサドに16 ヵ月間派遣された後に、母親に戻る方法を見つけるのは容易ではありませんでした。(続きを読む

プリティ・ウーマン?:売春についての真実
子供の美人コンテストの世界の舞台裏を見せるTLCのテレビ番組「幼児とティアラ(Toddlers and Tiaras)」は、幼い女児を見世物にし性の対象としていると考えている人もおり、もとからから論議の的になっていた番組でした。しかし、ウェンディ・ディッキィーさんが先頃、3歳の娘ペイズリーちゃんを1990年公開の映画「プリティ・ウーマン」の女優ジュリア・ロバーツ扮する売春婦の服装をさせたときには、激しい抗議が起き、しばらく続きました。(続きを読む

障害を持った女性: バリア、差別、虐待と戦い、権利を求める
マーガレット・ノセックさんにとって、世界は決して受容的ではありませんでした。子供の頃、医師の診療や、体調不良、手術のために学校を休むとき、ノセックさんは、自分は他の子供たちとは違うのだということを思い知らされました。体育の授業や、スポーツ行事から外されると、不完全であることが際立ちました。さらに、社交の集まりがあって、出席するには連れて行ってくれる誰かが必要な時、自分が「普通」ではないのだと思い知らされました。
 「重い障害(脊髄性筋萎縮症)がある女性として、私はいつも、社会で本来あるべき正当な場所を維持するためにドアをこじ開けざるを得ませんでした」と、テキサス州ヒューストンにあるベイラー医科大学の「女性障害者研究センター事務局長のノセックさんは言います。(続きを読む)

パワーとしてのお金: 経済的虐待の甚大な代償
暖かい夏の夜、網戸を通じて伝わってくるハーレーダビッドソンのうなり声が遠くに聞こえました。リサ・ボイドさんの口は渇き、胸の鼓動が激しくなりました。バイクに乗った男たちは、暗闇の中を、ボイドさんと幼い娘と赤ん坊が住むカナダの辺境にある孤立した家に向かって進んできました。彼らは、家にはいないボイドさんのパートナーを探しにやって来たのです。ボイドさんのパートナーは、薬物に関連した借金を負っていました。ボイドさんは、自分と子供たちの命の危険を感じて、息もつかずに近くの納屋へ駆け込みました。この時、ボイドさんの頭の中には「経済的虐待」という概念は、まったくありませんでした。しかし、それが、この瞬間を彼女にもたらしたものでした。それが、彼女にこの状況-人里離れた、電気も、水道設備も、暖房もない廃屋で暮らし、電話も、車も、お金も、逃げ道もない状況―をもたらしたものでした。(続きを読む

自然の力:災害後に、社会の仕組みを編み直す女性たち
ミシシッピー州ビロクシにあるジリジリと日の照った駐車場に、シャロン・ハンショーさんは立っています。腰に手を当て、足元のコンクリートを指し示します。「ここです。ここが以前、私の家があったところです。ここで、暮らし、楽しみ、日曜毎に家族と夕食を食べ、友人が集まり、兄弟姉妹のために誕生日のびっくりパーティーを開きました。ここが私の家でした」(続きを読む

プログラム活動便り
2011年6/7/8月号
2011年3/4/5月号
2010年12月/2011年/1/2月号

夢を取り戻す
五十棲江里さん、ドーン・M・ジョンソンさん、ロウェナ・トゥタナ・ナヴァイラさん
フランシーヌ・ヌンジアタさん
グラディン・E・ミンゼイさんとエミリア・メネガッソさん
ティナ・プールさん

シーラ・バーソンさん

 

 

 
トップページへ戻る
causes of human trafficking

 

 

ソロプチミストは、実業界で活躍する女性、専門職に従事する女性の国際的なボランティア組織で、地域社会と世界中で女性と女児の生活を向上させる活動を行っています。
 
     
human trafficking stories Members Enter Here    volunteer organization for women Print this Page    women's volunteer organization Email to a Friend    International women's organization Donate
Home | Contact Us | Site Map | Privacy Policy | Disclaimer
Copyright © 2008 Soroptimist International of the Americas. All rights reserved. Site last updated October 22, 2013